主婦のお小遣いの使い方が気になる人へ!

銀行系のカードローンは旦那さんの同意があれば作れる!

無職の専業主婦に「カードローンなんて無理」と諦めている人はいませんか?

いえいえ、専業主婦でもカードローンは契約できるのです。

 

ただし、それには条件があります。
無職への貸付を禁止している総量規制の対象とならない『銀行系のカードローン』を選ぶことです。

 

銀行系のカードローンであれば、専業主婦でも大丈夫です!

 

ただし、旦那さんの同意が必要になりますので、必ず申し込みをする時には、旦那さんに相談をしましょう!

 

借入枠についても、やはり無理がない額にしないと、奥さんが使いすぎて返済が大変になってしまうということもあります。
そのため、専業主婦は、やはり旦那さんとよく相談して、カードローンを決めましょう。

 

万が一の時には、旦那さんが支払いをしないといけなくなってしまいますので、やはりあんまりにも大金を借り入れるようなことはやめましょう。
経済的に余裕がない人の場合、貯金の代わりに、いつか必要な時に奥の手としてお金を用意できるようにカードローンを作っている人が多いですね。

 

銀行系のカードローンは、消費者金融系のキャッシングよりも、返済額が高く、50万円以内でも毎月5千円〜1万円程度の返済が求められています。
そのため、お小遣いが5千円の人は、カードローンの返済だけであっという間に無くなってしまいます。

 

こうなってしまうと、ますますお小遣いが足りなくなってしまいますので、カードローンは基本的には、最期の切り札として持っている方が利口ですね。

審査のネックは年収か!

ただし、専業主婦がカードローンを作る場合、ネックになってくるのが、やはり旦那さんの年収です。

結局、銀行系のカードローンは、専業主婦の場合、旦那さんの年収で審査がされてしまうので、旦那さんの年収が低い場合、審査に落ちてしまう可能性があります。

 

特に銀行系のカードローンは、消費者金融系のキャッシングよりも、審査が厳しくなっています。

 

さすが『銀行』だけあって、年収の最低ボーダーが300万円以上と、ハードルが高いです。

 

消費者金融系のキャッシングの場合は、そうしたボーダーがなく、アルバイトでも非正規でも大丈夫ですが、銀行の場合は、やはり非正規雇用には厳しい面があります。

 

そのため、旦那さんが自営をやっていて、更に年収が低い場合は、専業主婦でもカードローンの審査を通るのは難しくなってきます。
更に旦那さんが、既に他の場所でキャッシングやカードローンを複数利用している場合も、審査が難しくなってしまいます。

 

審査には住宅ローンや、自動車ローンは含まれませんが、4社以上から複数借り入れをしている場合は、新規の審査は絶望的だと思ったほうが良いでしょう。
専業主婦がカードローンを持つことを嫌がる男性もいますので、やはり銀行系とはいえども、旦那さんとよく話し合って決めることが大事ですね。

 

カードローンを考えるくらいだったら、お小遣いを上げてもらう方がもしかしたら良いというケースもあると思います。
カードローンは旦那さんの判断次第になってしまいますね。