主婦のお小遣いの使い方が気になる人へ!

消費者金融系のキャッシングは無職の主婦には無理!

専業主婦で万が一の時に備えて、ちょっとキャッシングが使ってみたいと思う人もいると思います。

しかし、残念ながら専業主婦では、
キャッシングを利用するのは【不可能】です。

 

というのも、消費者金融系が取り扱っているキャッシングは、総量規制の影響を受けており、この法律の下、専業主婦はキャッシングができないようになっています。

 

総量規制では、『年収の3分の1』までしか借り入れができなくなっています。

 

そのため、年収のない専業主婦では、総量規制の影響を受ける、消費者金融系のキャッシングは審査が通りません。
専業主婦ではなく、アルバイトなどを持っている兼業主婦であればOKです。

 

旦那さんのお小遣いを貰っている無職の専業主婦には、消費社金融系のキャッシングはかなりハードルが高いのです。
どうしても、消費者金融系のキャッシングが利用したい場合は、やはり専業主婦を辞めて、何かしらのアルバイトを始める事が必要です。

 

兼業主婦になれば、旦那さんに内緒で、自分の年収だけで申し込みが出来るようになります。
旦那さんにあんまりキャッシングのことを知られなくないと言う場合はアルバイトをして申し込みをする方が良いですね。

 

ただし、借り入れができるのは、あくまで年収の3分の1ですので、アルバイトの年収は微々たるものですから、それほど大きな金額は借り入れることができません。
ただし、10万円程度であれば、主婦でも簡単に借りられるケースが多いですね。

旦那さんの年収で借りれないの?

専業主婦の中には、「どうにか旦那さんの年収で消費者金融系のキャッシングを利用できないか?」と考えているケースもあります。

正確に言えば、
『消費者金融系のキャッシングではダメ』です。

 

しかし、『銀行系のカードローンはOK』です。

 

無職の専業主婦の借り入れを禁じているのは、総量規制の対象となるノンバンクだけです。

 

つまり、総量規制の影響をうけない銀行系のカードローンは、基本的には、専業主婦でも、旦那さんの年収や同意があれば、ローンを組むことができるのです。
専業主婦の中には、総量規制について、銀行とノンバンクの違いが分かっていない人もいますので、しっかり整理しておきましょう。

 

専業主婦が申し込めるのは『銀行系のローン』です。
ノンバンクと言われる、消費者金融系のキャッシングは、何をどうやっても専業主婦には借り入れさせません。

 

テレビでCMをやっているような大手の消費者金融は、まず審査でアウトです。
ただし、専業主婦相手でも、闇金のようば所は、貸出をしたりします。

 

そのため、専業主婦なのに、借り入れをOKにしているノンバンクは怪しいと思ったほうが良いです。
キャッシングをしても、返済をしないといけないので、やっぱり返済の目途がない時には、キャッシングをしても後で苦しくなってしまうだけです。

 

キャッシングの希望者は、やはりアルバイトを見つけてから、申し込みをするようにしましょう。
無職で専業主婦のお小遣いだけで返済するのは、きつくなってきます。